ポリアクリル酸カリウムフィールドテスト : レタス

簡単な紹介

日本のレタスのポリアクリル酸カリウムに関するフィールドテストレポートです。

フィールドテスト条件

場所:大阪、日本

物:タキイ種子のゆるい葉レタス「グリーンウェーブ」。 それは9月下旬に播種のために良いことを説明しました。

日光:良い

水を出
す:基本的に冬のシーズン中は3月まで水をまきしません。

水保持剤:パック雨からSAP(ポリアクリル酸カリウムタイプ)

壌:細かい穀物。 いくつかの土壌を混合することは、特定の土壌からの可能な影響を最小限に抑えるためである。

コンテナ:黒いプラスチック容器No.9(容量:13.5リットル)、底部に大きく、多くの排水孔を有する。

ヒント:土壌が排水孔から漏れ出さないでください、排水穴のための正方形のプラスチックメッシュは、各ポットの底に敷設されています。

実験手順

1.土を均等に混ぜます。

2.3ポットで得られたミックスを、リムの下約1cm(したがって土壌量)までディール
は、ポット容量と同じ 13.5 リットルと想定されます。

3.SAPを0%,0.6%,1.2%(SOCOの推奨投与量は1.25%)の内容に置きます。 SAP を追加して土壌をマセレートします。

4.表面の土を手のひらで押して落ち着きます。

5.葉の葉の種子をまく:20種子/ポット。

歴史

1.2015年11月9日 準備完了

2015年11月15日 植物の発芽が始まりました。

1.2% SAP/13.5リットルのルーズリーフレタス、0.6% SAP/13.5リットルのルーズリーフレタス、0% SAP/13.5リットルのルーズリーフレタス:

3.3月13,2016結果を持っています。

結果

様子

0.6%と1.20%は0%を超えてよく見えました。

0.6%から1.2%の間で、0.6%がポッティング土壌の表面のより多くの領域をカバーしているように見えた。

根の成長は、はるかに多くの違いを示しました。 レタスを引っ張るとき、0%の鍋に根全体を差し込むのはそれほど難しくはなかった。 しかし、0.6%と1.2%、特に1.2%のポットでは、根は深く、大きかった1.2%のSAP / 13.5リットルの下に土壌を保持する必要があります

根の成長は、はるかに多くの違いを示しました。 レタスを引っ張るとき、0%の鍋に根全体を差し込むのはそれほど難しくはなかった。 しかし、0.6%と1.2%、特に1.2%のポットでは、根は深く、葉のすぐ下に土壌を保持する必要があります。

ポット内のレタスの根は1.2%で、SAPの水分を利用していることを示しました。

発芽

SAPを使用した後、発芽率は約90%の18/20シードです。

生長

数値から、以下のように、SAP 混合比とそれに対応するレタスの平均単位重量は、レタスの成長と SAP 投与量の比例関係を示しているようです。

SAP 混合比率(土壌重量の観点から) 1. 2% 0. 6% 0
1つの標本の平均重量(グラム) 15. 1 11. 4 9.2年

結論

1.1.2%のSAPポットのレタスは、収率が64.13%増加しました。
2.また、超吸収性ポリマーは、昼間の水不足とその後の気孔閉鎖を強く防止し、植物が気孔からCO2を取り込んで光合成を行うことを可能にした。


SAP を購入するか、詳細についてはお問い合わせ ▼

    Interested In* :

    次のものを選択してください お家